ちょっと楽しい鉄道と趣味の独り言

最近の記事
ブログの移行
04/20 22:52
九条陸橋
04/20 00:10
29年前の阪急
04/19 21:55
撫順のジテ
04/18 21:57
101系と103系
04/17 23:10
さらばXP!
04/16 00:19
阪急6300系リニュ…
04/15 21:37
sakura
04/14 16:44
683系
04/13 22:28
嵐山駅
04/12 23:59
京とれいん
04/11 22:32
札幌市電D1040の…
04/10 00:19
札幌市電D1040の…
04/09 21:21
札幌市電D1040の…
04/08 00:58
再 北陸鉄道EB22…
04/07 11:34

ROS+SFの旅その3

久しぶりにROS+SFの旅です。

さて、オレンジエンパイヤ鉄道博物館に行って最初にした事はN電が保存されている線路の幅を計る事でした。


N電が保管されている車庫です。


当然と言えば当然ですが、線路の幅は1.067mmでした。


と、いうことはアメリカに1.067mmの路面電車用線路があった事になります。





N電と共に同じ車庫にはPCCも保管されています??。

さて、私の浅い知識でPCCは1.435mmなどの標準軌しか無いと思っていたので、これらのPCCは保存されてから改軌したのもだと思っていました。しかし気になったので、帰国後調べてみると、自分の浅学に落胆しました。これらのPCCはロサンゼルスで走っていた車輌で、現役時代から1.067mmだったのです。

そこで不思議に思ったのは1.435mmのパシフィックエレクトリックと同じ線路で写っている写真があることでした。オレンジエンパイヤ鉄道博物館で実際に見て触って計った良かった事は、ロサンゼルス市電とパシフィックエレクトリックは同じ線路を走っている写真は実は三線軌道だった分かった事でした。よく写真を見るとちゃんと三線軌道になっています。

まぁ~PCCには狭軌車輌はないという思いこみをしていた所に問題があったのですが・・・。

海外 | 投稿者 たかはし おさむ 11:28 | コメント(2) | トラックバック(0)
<<  2011年 1月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最近のコメント
おしゃぶり好きのお…
babybaby 05/16 03:31
突然の書き込み失礼…
最近の流行 05/12 02:58
女性が自己主張をしや…
女の性欲 05/11 14:57
今流行のボーイズラブ…
ボーイズラブ 05/10 14:10
まったく新しい即逢い…
即逢い 05/08 14:50
即会いOK!出会いが…
即会い 05/07 15:03
最近のトラックバック
JR窮羚(掩儀膩 -…
06/06 23:40
ホビダス[趣味の総合サイト]
なかのひと